読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんなスポーツに向いているかがわかる?エクササイズ遺伝子診断をやってみた

ハーセリーズのエクササイズ遺伝子診断を試してみました!

いわゆる遺伝子検査です。遺伝子決定論的な考えは避けるべきだと思いつつも、以前にもダイエットDNA診断なるものを受けて役立つ&何より面白かったので、その運動能力版があると知って衝動的に購入しました。

何がわかるのか?

遅筋、速筋どちらが多いか、運動で疲労しやすいかどうか、運動能力が練習によって身につく速さ、の3つが分かります。

検査の説明文抜粋:

瞬発力や持久力などの運動能力に遺伝的要因が関与していることが明らかになっています。本遺伝子検査で調べるACTN3、ACE、PPARGC1A遺伝子も運動能力に影響を及ぼすと考えられています。

 

3つの遺伝子を調べてもらいました。その結果で、運動種目の選定、遺伝子タイプに合ったトレーニング、体力強化、減量などのプランニングに役立ててね、てことだそうです。

さて結果。私のエクササイズ経由遺伝子タイプは132型でした。

ACTN3はR/R型です。速筋繊維の割合が高く、瞬発力を要するスプリント・パワー系の運動に適しているタイプです。

ACEはD/D型です。血管収縮能(筋肉への栄養や酸素の瞬間的供給能)が高く、瞬間力を要する運動に適しているタイプです。

PPARGC1AはG/S型です。PGC-1α活性(ミトコンドリア増殖能)は標準的で、運動の継続によりミトコンドリア量(エネルギー産生量)は少しずつですが増え、運動がだんだん楽に行えるようになるタイプです。

f:id:araquan:20170503173447j:image

日本人の3つのエクササイズ型遺伝子の割合も載っていましたが、ACTN3とACEについては日本人離れしてパワー型だそうです。ちょっと嬉しい。

f:id:araquan:20170430230524j:image


でも瞬間的に筋肉に栄養や酸素を送りこめる反面疲労しやすいのと、ミトコンドリア量が平均的で運動能力向上には継続したトレーニングが必要だと分かりました。

小さい頃から筋肉質で瞬発力があり持久力が皆無だった私。今回の結果ぽいものは経験からだいたいわかっていました。
でも何となく科学的に裏打ちしていただいた感はやっぱり面白い!
武術の中でも南拳というパワー型の種目をやっていてきっと正解。でもちゃんと継続してトレーニングしないとですね。パワー競技、瞬発力を活かす、そして地道にトレーニング継続。

頑張ります٩( ᐛ )و

やる気でたーーーー!!

分析レポートに合わせて、自分でできる体力評価と、速筋、遅筋をそれぞれ高めるためのエクササイズアドバイスも付いています。
これが全てではないし、どんな基礎力も練習あるのみなので、もしご興味ある方は占い感覚でお試しください。

まあまあ良いお値段はします。

 http://www.herseries.co.jp/html/page27.html

 

申し込むとすぐに検査キットが届きます。

f:id:araquan:20170430230454j:imagef:id:araquan:20170430230622j:image

容器に入った綿棒で口腔内の壁をこすって唾液を染み込ませます。

f:id:araquan:20170430230820j:image

しばらく置いて乾かし、同意書などとともに送り返すと

f:id:araquan:20170430230940j:image

2週間ぐらいで結果が届きます。

 

なんでも糧にして加油

f:id:araquan:20170430231243j:imagef:id:araquan:20170430231242j:image